HEBO製汎用油圧クラッチ装着!

このセローはクラッチが重いです。
重いだけでなく、エンジンが温まるとクラッチの位置が激しくかわるのでアタック中何度も調整を強いられます。
慣れればいいじゃないか!と言われればそれまでですが、なんとか解消したい!
そこでこんなアイテムを見つけました。

HEBO製油圧クラッチシステム!
d0007974_0465715.jpg

汎用品ということもあり、複数のアタッチメントとショート、ロングと2本レバーが付属します。

これはトライアル車のモンテッサなどに純正採用されている油圧クラッチで
マグラとは違いブレーキフルードを使っているタイプです。
というか、ミネラルオイルを使っているのがマグラだけなんですけどねw

油圧クラッチの利点としては、遊び調整をしないでもオイルが送り出され自動調整されるので
アタック等でクラッチが温まっても握り幅に変動がおきにくいです。
もちろん何といってもクラッチが軽くなる!これが最大のメリットです!!

さっそく取り付けてみましたw

今日は暫定的に取り付けましたが、写真をみても分かるとおり油圧ホースが余っています。
d0007974_049597.jpg

なんで今度短いのを買ってきて付け直そうと思ったのですが、いい方法が!

思いのほかワイヤーを引くピストンパーツが大きかったので
収める場所に頭を悩ませましたが、セローはシュラウドモドキがあるので
その部分に隠すように収めました。
d0007974_0502076.jpg

これで見た目はノーマルルックで、実は油圧クラッチという
さりげなく、とってもありがたいカスタムができました!
d0007974_0515479.jpg


さてインプレですが、これ非常に良いです!
軽いのはもちろんのこと、扱いやすさが段違いになりました。
ワイヤー式のクラッチは引く量が増えていくにつれ重くなりますが
油圧は最後まで均一で、引きやすく、半クラもしやすいです。
慣れが必要ですが、ノーマルより素晴らしいタッチになりましたよ!

ピストンの位置が少し変わるだけで引き具合に影響がでるので
時間をみて調整していこうと思います。
とりあえずは終了~!
[PR]

by boris-chambon | 2007-07-16 00:52 | セローネタ

<< HEBO製汎用油圧クラッチ 再調整! セロー、ハンドル交換 >>