<   2007年 05月 ( 8 )   > この月の画像一覧

新LC4のオフマシン登場!

ついに来ましたよ~!
新LC4の本命とも言えるニューマシンが!!
その名も「KTM 690 BAJA」!
旧LC4にラインナップされていたSXCをさらに過激にした感じですよね~!
d0007974_22504510.jpg

d0007974_22505625.jpg

このマシンをベースにしたSMCって出そうな気がしますねぇ。
出たらマジで欲しいかも・・・
[PR]

by boris-chambon | 2007-05-30 23:00 | KTMネタ

ディグリー完全復活!

今日は、昨晩に続きアニキのディグリーのエンジンの修理。
といっても昨日の晩にエンジンはすべて組み込み済みであとはオイルと冷却水をいれ
各部を取り付けてエンジンをかけるだけでした。
d0007974_29402.jpg

d0007974_294991.jpg

今回のように腰上をばらしたり、エンジンそのものをばらした場合は
再始動する際にオイルが行き渡るようにキックをセルを使ってまんべんなくオイルを回してあげることが大事です。
全くオイルのない状態のエンジンにとってはアイドリングである1200rpm程度でも
過酷な状態にあることは間違いありません。

というわけでプラグを外してセルを30秒ほど回しました。
これでカムやカムチェーン、バルブ等にオイルが行き渡ったことでしょう。
はやる気持ちを抑え、エンジン始動!

かからん…
やることはすべてやった。
ガソリンも来ている。プラグもおk。エンジン内部の組み込みにも間違いはない。
ではなぜ?
とキャブを見てみるとアイドルスクリューが回し過ぎ!
早い話がアクセルを開けた状態でエンジンをかけようとしていたのだった!
これではさすがにかかりにくい。

というわけで再度調整しトライ!

キタ━━━(゚∀゚)━━━!!!!!
ついにエンジンがかかりましたよ!いや~、感無量です。

今回は組みつけにあたってスーパーゾイルグリースをオイルの代わりに使いました。
これが功を奏したのか、はたまたバルブ、ピストンのカーボンを完全に除去したおかげか
エンジンがまるで新車の如く静かに回ります!
キャブもOHしたのですごく滑らかに、レスポンスよく吹け上がります!!
いや~、満足満足!
これで連日の寝不足にピリオドを打つことができます。
さて、寝るぜ!
[PR]

by boris-chambon | 2007-05-23 02:11

南千葉リベンジ!

今日はブログで知り合ったmotoforceさんを誘って南千葉サーキットに逝ってきました!
d0007974_22233561.jpg

d0007974_22234463.jpg

d0007974_222354100.jpg

天気も上々、気温も暑くも寒くもなく路面状態もGOOD!
車も4台いましたが思いのほか走らず、我々は思い切り満喫してきました!
で、今回は新たに購入したザクティで撮影もしてきたのですが・・・
motoさん!
ただでさえヘタレな走りのオレなのに、タイヤを温めているシーンで終わらせないでおくれよ!w
というわけで、見るに堪えない映像なので、motoさんの華麗な走りだけをお届けします。

ちなみに今回のタイムは前回より約1秒上回り、なんとか目標は達成できました。
それでもmotoさんのベストラップからは3秒も遅れています。
一周580mのサーキットで3秒差って…
[PR]

by boris-chambon | 2007-05-18 22:24 | スライドonターマック

カムシャフトに続き・・・

今日は先日カムシャフトを交換したディグリーの修理の続きです。
カムシャフトを交換してもうんともすんとも言わなかったので、ヘッドを開けてみました。
すると予想通り、バルブがひん曲がっており閉まらない状態になっていました。
d0007974_02609.jpg

d0007974_0261025.jpg

これじゃぁさすがにエンジンがかかりませんがなw

原因はおそらくですが、カムシャフトが折れた時にバルブが中途半端に開いた状態になっていて
開いたバルブとピストンがキスしてバルブが曲がったものと考えられます。
もちろんピストンにもあたった跡があり、ピストンピンが抜けにくかったことを考えると
ピストンそのものも歪んでいる可能性があります。
ガスケットの入荷を待ってもう一つのエンジンからヘッド周り、ピストン、シリンダーを総移植します。
今回は不幸にも壊れたエンジンを可動品ということで買ってしまったので、これ以上お金はかけられませんので残念ですが移植という形での修理となります。
とりあえず動くようになれば、とオーナーも言っていますので良しとしましょう。
[PR]

by boris-chambon | 2007-05-18 00:30

カムシャフト交換

昨日の続き。

今日は、元のエンジンに乗っていたカムシャフトを移植しました。
アニキの元のエンジンは意外にも綺麗でした。
d0007974_0211134.jpg

元のエンジンのバルブタイミングを合わせてカムチェーンテンショナーを緩め
カムシャフトをフリーの状態にしてからカムホルダーをゆるめます。
d0007974_0215234.jpg

d0007974_0221221.jpg

で、載せ換えたエンジンにある破断したカムを取り除きます。
こんな感じでした。
d0007974_0242868.jpg

d0007974_024383.jpg

このときもバルブタイミングを合わせてからカムチェーンテンショナーをゆるめて外します。
逆の手順でカムを取り付けて完了!
d0007974_0263220.jpg

で、満を持してセルを回しましたが、エンジンかからず!!
どーするオレ?続く!!!!
[PR]

by boris-chambon | 2007-05-09 00:25

カムシャフトが!!!

今日は友人から預かっている不動のバイクをいじってみました。
このバイクは友人がエンジンを壊してしまい、代替えのエンジンを載せたまではよかったのですが
どうやってもエンジンがかかりません。
プラグOK、火花OK、ガソリンOK、キャブセッティングOK。
こんな状態でキュルキュルとセルは回るものの、エンジンはかからず。

で、別の友人に話したところ吸気側のバルブが怪しいとのこと。
キャブもパッキンが古くガソリンが滲んでいたので取り外して吸気側をのぞいてみました。
その状態でセルを回してもバルブが全く動きません。
あら~、スプリング逝ったかな~?って思いヘッドを開けてみると・・・
d0007974_154368.jpg

d0007974_154958.jpg

d0007974_155523.jpg

ジャーン!なんとカムシャフトが寸断されていました!!
これじゃぁエンジンかかるわけねぇべさ・・・
とりあえず部品待ちとありなりまして、本日の作業は終了いたしました。
って、もう1時ジャン!!寝なきゃ!
[PR]

by boris-chambon | 2007-05-08 01:07

べらんじぇ=ベルリンガー&サイクラ・プロベンド装着!

前に新品未使用が2万円と破格で売っていたので衝動買いしたべらんじぇと
サイクラのプロベンドを取り付けましたよ!
詳しくはHPに載せました。
d0007974_22571895.jpg

d0007974_22573693.jpg

それにしてもマスター換えるだけでこれほど制動力があがるものなのかねぇ?
フツー、フィーリングが変わる程度だと思っていたのだけど。
人差指一本で簡単にフルロックですわ!
[PR]

by boris-chambon | 2007-05-04 22:58 | KTMネタ

グリップ交換

セローのグリップですが、もともとエンド部分が開いていないタイプだったので交換しました。
プログリップのオフ用です。
そもそもオンオフがわかれていることすら知らなかったのは内緒です。
で、こんな感じ。ジミでいいでしょ?
d0007974_043520.jpg

d0007974_0431176.jpg

d0007974_0431961.jpg

まぁ、グリップなんて換えてもうまくなるわけでは無いですからね。
でも新しいのは気分がいいです。
しかしこれで¥2100か…以外に高いもんですなぁ。
[PR]

by boris-chambon | 2007-05-01 00:44 | セローネタ