セローのスポーク張り替え

今日は、先日の激しいwライディングで折れてしまったセローのスポークを張り替えました!
いや~、ガッツリ折れていますねww
d0007974_055860.jpg

まずは車体から取り外し、ホイール単体にします。
d0007974_063373.jpg

その後、ニップルを少しずつ緩めていきます。
これはホイールの変形を防ぐためですが、効果のほどはわかりませんw
一通り緩めたところでドリルドライバーで一気に外しました。
こういうときに電動工具は便利です。

全てバラバラにしました。
d0007974_0835.jpg

こんな時にしかハブなんて奇麗に出来ないのですが、そこは私。
めんどくさいからテキトーに拭いておきましたww
どうせ一回走れば汚れるしね~!

今回失敗したのがディスクを外さなかったことです。
さすがにハブ単体となっては力がかかりにくくボルトが緩められません。
d0007974_0101433.jpg

作業性に欠けますが、しょうがないです。

早速組んでみました。
本当は内側のスポークを表裏組んでから外側のスポークを組むのですが
いい加減やっちゃいましたw
おかげで張るだけでえらい時間がかかりましたよ。
このとき、マイミクのテツさんが同車種のセローに載ってきてくれなければ
スポークの張り方そのものも間違えるところでしたw
d0007974_0114622.jpg

ニップルは初期の段階で均等に締めておくと後の振れ取りが楽になるそうです。
d0007974_0181783.jpg


貼り終えたホイール。
まるで新品の如く輝いております。
d0007974_0115464.jpg


この後、車体につけて振れ取りをします。
フォークにタイラップを付けて、それを目安に立て横の振れをとります。
d0007974_018337.jpg


あとはタイヤを取り付けて終了!
d0007974_0185254.jpg

この後、どうも納得いかなかったのでもう一度タイヤを外して振れ取りを行いましたが
やはりいまいちです。
一度プロの作業を見てみたいものですね~!

この後、張り方や振れ取りを再度勉強しました。
もう一度はじめからやってみたいのですが、時間がないですw
[PR]

by boris-chambon | 2007-07-09 00:19

<< セロー、ハンドル交換 ついに購入!ディスクローター! >>